旅するマラカス

アカウント作り直しました/小説やエッセイなど書きたいものを載せます

【蛇にピアス的アングラ純文学】私の田ノ中①

※風俗嬢になった元優等生の少女・佐条が、ヤクザの犬になった中学時代の同級生・田ノ中と再会する、遅れた青春ストーリーです。性描写、暴力描写があります。系統的には「蛇にピアス」「限りなく透明に近いブルー」辺りを思い浮かべてください。もちろんそれ…

英語で読まされたアシモフとオーウェルはSF的体験をもたらしたかもしれない

今週のお題「SFといえば」今週のお題「SFといえば」多くの人がそうであるように、私のSF原体験は、ドラえもんだった。その後、涼宮ハルヒの憂鬱やら藤子・F・不二雄のSF短編集やらにはまり……とまあオーソドックスな漫画、ラノベ好きヲタクチョイスなのだが、…

「山田せつ子&倉田翠ダンス公演 シロヤギ ト クロヤギ ト」みた

山田せつ子さんと倉田翠さんによるダンス公演「シロヤギ ト クロヤギ ト」、7/17(日)15時の回を観に行きました。ダンスの公演を見に行くのは、プロバレエダンサーになった友人のバレエ教室公演以来で、ダンスのなんたるか?もよく分かっておらず、どきどき…

【自己中の感想】「演劇作家本橋龍の無理しない演劇のWS」初心者コースに参加しました

演劇ユニット「ウンゲツィーファ」を主催されている本橋龍さんによる、とても評判の良いワークショップ、「演劇作家本橋龍の無理しない演劇のWS」初心者コースに参加しました。場所は、1960年に建てられた平家の米軍ハウスを改装した「アトリエ + 家+ギャ…

【謎小説】スーパーマーケットの地下のコーヒーショップ

スーパーマーケットの地下のコーヒーショップ それは意識の隙間に入り込む。それというのはスーパーマーケットの地下にあるコーヒーショップの夢のことである。全国にチェーン展開されているありふれた街のスーパー。その地下一階でなぜか二十四時間営業を行…

倉田翠さん演出舞台「今ここから、あなたのことが見える / 見えない」レポ?③

さて、ようやく肝心の公演内容について触れる。ざっくりした内容としては、普段お勤めをしている出演者さんたちが自身の仕事や家庭といった外的環境と内心の擦れる様子等々を独白、ダンス、朗読、寸劇、体操、歌、パネルに映し出された文章などで表現するス…

倉田翠さん演出舞台「今ここから、あなたのことが見える / 見えない」レポ?②

※レポという言葉を使ってみたかったのでレポとしていますが実態は客観的なレポというより主観的なエッセイもどきかもしれません。すみません。そういうわけで無事会場に着き、パンフレット等々を頂いた。座席は二つの角度から舞台が見られる仕組みになってい…

倉田翠さん演出舞台「今ここから、あなたのことが見える / 見えない」レポ?①

※レポというには混じりけがありすぎるかも。すみません。友人が舞台に出るというので先日観に行った。演出家、振付家、ダンサーとして活躍されている倉田翠さんが、働く人々と創作したパフォーマンス「今ここから、あなたのことが見える / 見えない」は千円…

原作厨だけど、うる星やつら再アニメ化を「大昔のアニメの焼き直し」とは言ってほしくない

寅年の始まりに合わせてうる星やつら再アニメ化が発表されたことはわりとホットなニュースだと思う。代表作が良アニメ揃いのスタッフ、クオリティの高いキャストのティザー、4クール押さえ済みでエピソードは原作から抜き出したものを放映することが決定済と…

スプーンがなくなる

それなりにストックを用意して、使うたび洗い、また台所の引き出しに戻しているはずなのにスプーンが少しずつなくなっていくのはどうしてだろうナガオ ライラック デザートスプーン 17.4cm 業務用 日本製ナガオ(Nagao)Amazon

【創作】醜い青年と異国の男娼の奇妙な交流

拝啓 親愛なるユリヤへ君に手紙を書くのは初めてですね。僕はヨシヤ。五年前の今ごろ、ガリサ島で君の部屋に泊まり(といっても君の客としてではなく)、ペアゾーネ祭の晩を過ごしたヨシヤ・アカオです。ユリヤ、お元気ですか。なんて、こんな挨拶をしたとこ…

【創作】推し活で病む女の子の話

『今日のために生きてた!』入力、送信。SNSの書き込みは大げさになりがちなものだけど、この言葉は等身大の私の本心。午後五時、ショッピングモールの渡り廊下には冷たい風が吹いて、赤いセットアップの襟ぐりから覗く素肌をいじめている。もう十二月も…

朝に生まれて夜に死ぬ〜カウンセリングを受けた話

今日、学生時代からお世話になっているカウンセラー兼ヒーラーのちゃこさんという方のカウンセリングを受けに行った。カウンセリングといっても名前のように仰々しいことはない。薬品のにおいのする白く無機質な部屋でチェックシートの記入を迫られるわけで…

【文學界新人賞で三次落ちした小説】忘備録

夢野めぐみというタイトルで「忘備録」という小説?を書いて文學界新人賞に送りつけたことがあります。半年かけた大作は一次落ちしたのに3日も使わず書き散らかした純文学もどきの本作はニ次選考まで通過したのでわけわかんないなと思いました※エロとあたお…

【SF短編小説】環(わ)

【概要】少女二人の終末紀行。【本文】“そうして人類は永遠の眠りについた。そんな結末は許さない。永遠なんてあり得ない。夜の次には朝が来る”煙草の焦げ跡の散るアスファルトの上に紙飛行機が落ちていた。古いような、古く見せかけた新しいもののような、…